学会発表_2002_2_少林内功試行時の脳酸素代謝動態について

少林内功試行時の脳酸素代謝動態について
(Changes of Oxygen Metabolism in the Cerebrum
during Shaolin Internal Qigong )

李 強、松浦義昌、坪内伸司、李 啓明、清水教永

2002.3.1-2,国際生命情報科学会第13回シンポジウム,東京工業大学

要旨: 本研究は、少林内功試行時における生理的反応を明らかにするため、近赤外線分光法(NIRS)を用いて脳酸素代謝動態を分析した。被検者は、少林内功の修練年数40年以上の経験を持つ55歳の男性1名である。椅座位安静時の平均酸素飽和度(StO2)は79.6%、少林内功試行時ではおよそ77~79%の範囲内であった。椅座位安静時の平均総ヘモグロビン(TotalHb)量は393.0cm・g/l、少林内功時では390~396cm・g/lの範囲内であった。椅座位安静時の酸素化ヘモグロビン(OxyHb)量は312.9cm・g/l、少林内功時では299~312cm・g/lの範囲内であり、いずれも椅座位安静時と少林内功時で有意な差は認められなかった。以上の結果から、少林内功熟練者は、自然呼吸により常に安定した脳内の血中酸素濃度や血液中のヘモグロビン濃度を維持し、脳内における経済的な酸素消費を促し、血中脱酸素化ヘモグロビン(DeoxyHb) 量の増加を抑制することが可能とするものであると推察される。

Keywords: Shaolin Internal Qigong, Near-infrared Spectroscopy(NIRS), oxygen metabolism, hemoglobin(Hb), oxygen saturation(StO2)