五行学説

五行学説(ごぎょうがくせつ)

五行は、古代人が当時の日常生活に用いた最も熟知した物質である。木火土金水がその代表であり、またこの五種の間の相互援助と相互制約の関係で、事物の複雑な変化を解明している。
五行学説の重要な点は、相生と相克とで事物の相互関係を説明していることである。五行の相生相克は、事物の発展過程にあって不可分の二つの面であり、「生」がなければ事物の発生と成長がなく、「克」がないと協調関係の下に変化と発展を維持することができなくなる。このため生の中に克があり、克の中に生がある。相反して相成って、このようにして始めて事物の内部や事物の間に相対的な平衡が保持され、絶えず発展することができるのである。
『内経』は五行の相生相克の法則を運用し、人体各部の関連と、人体と自然環境との関係を解明している。生理の面では、五行を五臓に配当し、臓腑のお互いの活動の間に、援助だけでなく相制約する関係があることを説明している。病理の面では、生・克・乗・侮の法則で疾病の伝変の関係を説明している。治療の面では、五行の相生相克の関係に基づいて弁証立方を指導し、具体的な治療方法を確定する。例えば「虚則補其母、実則瀉其子」(虚であればその母を補い、実であればその子を瀉する。)という。これが五行学説の理論の治療への具体的な運用法である。