論文抄録_1998_推拿医学への期待_清水教永

推拿医学への期待

大阪府立大学総合科学部 健康科学

教授・医学博士 清水 教永

推拿医学、第1巻第1号、1998年6月

 

17世紀のデカルトの心身二言論は、事物の理解の座標を、神から人間へと移した。そしてニュートンが発見した運動の法則は、デカルトの運動の概念を定量的に基礎づけた。その後、量子物理学者のボーアやデルブリュックらが組織したファージ・グループによる研究、そしてワトソンとフリックによるDNAの二重らせん構造の解明など、今世紀中半において生命現象の理解に重要な研究の発表がなされ、現代医学の分野の発展に大きく寄与した。このことにより、生命現象はタンパクや核酸などの物質の存在様式として説明されるようになった。科学が物質を対象としていたのと同じように、技術も物質を相手にし、そこで科学と技術が融合し相互に浸透し合い物質のコントロールが行われた。バイオテクノロジーの分野において生命が扱われるようになり、同時に機械文明が生まれ、人間社会の中でも人と人との関係から人と機械の関係が始まった。

従来は、知識や技能の伝達・継承は、人から人へという方法が原則であった。例えば、百姓や漁師は、子供とともに田畑や海に出て空を仰ぎ天の気の読み方伝えた。陸では、種を蒔く時期を考え、海では波の形から魚群の読み方を伝えた。この様な人と人との関係は、単に知識を伝達するだけが目的ではなく人と人がどの様にしてつき合っていくのかを学ぶ知恵の場でもあった。

しかし、今や社会の中では、人間関係は稀薄になり多くが人と機械との関係が主体となりつつある。医療の現場でも病気の種類や原因は、科学的分析器による分析値から決定づけられ、触診はほとんど行われなくなった。しかし、治療に関しては、はたして機械文明がその効果を飛躍的に発展させただろうか。外科的治療や薬理療法では対処できないことも明らかになってきた。

近年、東洋医学への関心が高まりつつある。これは、一般の人々の間にも近代西洋医学の理論体系がはたして生命の本質にせまっているのだろうか、生命現象の理解の方向がこれでよいのだろうか、といった疑問が生じてきたのである。この問いかけに答えるものがそこに存在したのである。

人類が、人から人へ知恵として伝えてきた「中国推拿医学」の手技療法がそれである。推拿医学の基本原理は、人の手から人のからだへの「気」の伝達である、つまり「いのち」の伝達といえる。この推拿は、解剖や生理や免疫が「学」として確立されるはるか3000年の昔から病気の予防や治療法として体系づけられ今日に伝わっている中国医学の原点と言うべきものである。

このたび「推拿医学」が刊行されることとなった。推拿医学の立場から人の健康のあり方や病気の予防・治療に対する独創的な研究成果が期待される。また、私たちが21世紀に伝え残していかなければならない「いのち」のことわりとは何かについての大いなる問いかけを期待したい。

論文発表_2004_Influence of uprighting posture of Shaolin Internal Qigong on body sway

Influence of uprighting posture of Shaolin Internal Qigong on body sway

Qiang LI, Yoshimasa MATSUURA, Qiming LI, Shinji TSUBOUCHI, Masateru KUSHIZAKI, Teruo ASAHI, Katsuo NISHIMOTO and Norinaga SHIMIZU

推 拿 医 学(Journal of Tuina Medicine) Vol.6 No.2 2004

【Abstract】
The body is continuously moved while maintaining a posture of being bent forward a little. Movement is also assisted by breathing whilst practicing the uprighting posture of Shaolin Internal Qigong. It is assumed that the uprighting posture of Shaolin Internal Qigong differs from the general standing posture. The posture control mechanism always works when the body is active so that body sway is well controlled in the upright position.
In this study, we investigated various factors of body sway of a skilled Shaolin Internal Qigong doctor. In standing posture at rest, body sway was observed to converge at a fixed range. The fixed range began to diverge and traces of body sway showed when the anteroposterior direction was dominant when engaging in the uprighting posture. Each value of length (LNG), LNG/TIME and envelope area (ENV/AREA) visibly and clearly increased in the uprighting posture. Comparing position vector of standing posture in rest with that of the uprighting posture, the latter showed a distinct tendency for both the body to sway and incline to the axis of the participant’s foot. Uprighting posture is achieved by standing with both toes pointed inward and apart approximating a “distance near to shoulder width”. In the astride posture, base of support widened so that body stability in the lateral direction increased.
In addition, body stability should increase in the anteroposterior direction while arms extend straight out from the body, because the base of support was widened. But results showed that each value of body sway of the uprighting posture was clearer than each of the non uprighting posture.
The reasons seem to relate to the three following factors:

(1) breath during activity ;

(2) maintaining contraction of both the upper extremity muscles and the antigravity muscles ;

(3) regulating consciousness in the uprighting posture. An instructor should pay more attention to a beginner with the disorder of labyrinthine sense organ system and to an on old person to prevent falls that usually occur during training.

Key Words: Shaolin Internal Qigong, uprighting posture, body sway, posture control mechanism, fall of old person

論文抄録_2002‐1_関於中国推拿滾法術者操作時和被治者接受時的生理反応

関於中国推拿滾法術者操作時和被治者接受時的生理反応
松浦 義昌、李 強、坪内 伸司、清水 教永
東方医学,17:9-16,2002.

<中国語>摘要

在本論文中,我們就推拿滾法是如何影響医患両者的循環系統功能進行了研究。実験対象為推拿師5名,正常者4名。推拿師的訓練年数従1個月到3年以上不等,其中包括有25年以上臨床経験的中国人推拿医師1名。根据経験年数,我們将術者分為両組。再対訓練年数未満1年的2名術者個別地進行了分析。関於実験方法,術者及被治者両方面都装置上携帯用的心電記録装置,分安静時5分鐘,滾法時10分鐘,回復時5分鐘測定心率,而且同時在操作或接受滾法的前後以及5鐘分後,還測定了血圧和血中乳酸値。研究結果表明,操作滾法中的術者群的平均心率比滾法開始前安静時有顕著性増加(p<0.05),而与滾法結束後的回復期相比則有顕著性減少(p<0.05)。相反,被治者群的平均心率与滾法開始前安静時相比滾法中時顕示出有顕著性減少(p<0.05),与結束後回復期相比則有顕著性増加(p<0.05)。此外,在操作滾法的前後時以及5分後時的血中乳酸値和血圧都没有顕示出統計学上的変化(p>0.05)。訓練経験年数未満1年的術者的心率比起術者群的平均心率顕得極為増高,操作滾法中的平均心率為137 beats/min,最高心率達到161 beats/min。従以上的結果表明,僅就心率,血中乳酸値以及血圧而言,術者群操作的滾法対人体的生理負担度極為軽微。這或許表明,推拿師是在一種安定的,並不是維持高心率水平的状態下操作滾法的。而且被治者群在接受滾法時的心率水平与接受滾法前的安静時相比,接受滾法時顕得低下。我們推測,滾法可能抑制被治者的交感神経功能,対循環系統功能起到某種影響。