学会発表_2000_1_がん患者における舌診の臨床意義 ―中医学臨床文献考察を主として―

がん患者における舌診の臨床意義
―中医学臨床文献考察を主として―
李 強、 鄭 賢国、施 毅、松浦義昌、清水教永

2000.10.21-22,第18回日本東方医学会,東京科学技術館

目的
舌診は、長い歴史を持っている中医学診断法である。舌を見て病気を判断することは、『黄帝内経』や『傷寒論』などの古典医書にすでに記載されている。舌診の一般的な臨床意義は、次の4点にある。①正氣の盛衰を判断する、②病氣の部位の深浅を判断する、③病邪の性質を区別する、④病状の進退を判断する。
一方、中医学によるがん治療の臨床弁証においては、みな舌象を重要な診察のバロメーターとしている。中医学による長年の臨床実践や基礎的な研究によって、多くの臨床意義を持つ舌診の文献は発表されている。本研究の目的は、これらの文献を厳選し解析を加えて、がん治療に普遍的な指導意義をもつものとしてまとめようとするものである。
方法
今回は、近年中国で発表されたがん患者における舌診の臨床報告や基礎的研究の文献をEBM(Evidence-based Medicine)の観点より検討し、文献の信頼性評価(批判的吟味)を加え、2次文献という形で文献のアウトカムをがん患者に適用することの妥当性を評価し、システマティック・レビューを行った。
結果と考察
1.舌質変化とがんの分期について
淡紅舌のがん患者は病変軽く浅い、早期、予後良好を示す。紅絳舌のがん患者は、中期>末期>早期の順に多くなる傾向が見られ、淡白舌のがん患者のほうが末期癌や悪液質が多い。また、青紫舌のがん患者はかなりの割合で末期癌を検出された。
2.舌質変化と弁証論治について
淡白舌のがん患者には清熱解毒の薬を投与すると、消化道副作用が起こしやすいが、青紫舌のがん患者には解毒の虫類薬を投与すると、お血症状が変えて酷くなるようである。
3.舌質変化と手術の予後について
術後舌質の色が浅くなる場合、手術成功・予後良好を示すが、術後舌質の色は深くなる場合は、回復が難しく・合併症を起こしやすい。
4.舌質変化と放射線治療について
淡白舌・淡紅舌の癌患者は、比較的に放射線治療の「熱毒」に忍耐できる。紅絳舌の患者は、放射線治療の「熱毒」に忍耐性がなく、副作用が現れやすいようである。その対策としては、照射は小量から始まり、清熱解毒・養陰生津の漢方薬を配合するといわれる。
5.舌質変化と抗ガン剤治療について
抗ガン剤の治療は淡白舌に奏効しにくい。その原因は①抗ガン剤の副作用に極めて敏感②消化道反応・白血球降下・血小板降下などが現れやすい③治療が続けにくい。対策としては、抗ガン剤を投与する前に、まず補氣養血・健脾益腎の漢方薬を服用させることが望ましい。
結論
癌患者における舌診の参考意義は、①癌の種類を弁別する②癌の病態を分類する、特殊意義は①癌の早期発見②癌の予後を推測する③投薬を指導する、ことにあると考えられる。しかし、癌における舌診の限局性があって、西洋医学の精密検査手段を先行的に使用すべきと思う。
Key Words: 舌診、がん、中医診断学、がんの漢方薬

学会発表_2001_2_人中診法に関する中医文献の考察

人中診法に関する中医文献の考察

李 強

2001,12.9,第21回全日本鍼灸学会近畿学術集会,和歌山県商工会議所

【目的】人中部、別名水溝、鼻下。『霊枢・五色』には「面王以下者、膀胱子処也」「唇厚人中長以候小腸」という記載がある。中医望診において、人中部の形態・色沢などを観察して体内の疾病を推察・診断する方法を人中診法という。中国では人中診法に関する研究発表は散在でありながら、注目すべき成果が挙げられる。一方、日本鍼灸界では人中穴を用いて臨床治療に応用するのは大多数であるが、望診の1部位とされる研究報告は稀のようである。本研究は、中医学文献データベースを利用して、人中診法に関する文献を検索し、その結果をまとめ、私見を加えて報告する。

【方法】「中国中医薬文献数据庫」をonlineして、人中診法というキーワードを用い、この20年間発表された文献を検索し、検索された文献を検討し、文献の信頼性評価を加え、システマティック・レビューを行った。

【結果と考察】人中の色沢・長さ・深浅・しわと隆起の有無を望診する。この中、人中の長さは診察指標として多く応用されている。人中短浅ものには不妊症・インポテンスなど、人中狭長ものには包茎・生理不順などが多く見られる。診察に応用される範囲は泌尿生殖系疾患のみならず、小腸や心臓の部分の疾患にも及ぼす。また、形態学において、性成熟期女性の子宮と人中との高い相関性を有する結論が付けられた調査研究は報告され、人体組織発生学上において人中と子宮との関連性が論議された。

【結語】古来の人中診法は今日の臨床診断に有効に応用され、なおさら鍼灸臨床では、人中穴の多岐的な臨床応用にも可能性が示唆された。ただし、evidence-based診察法だとすれば、さらなる測定手段の客観化・より大規模の症例収集と画像診断の照合に関する研究は重要であると考えられた。

学会発表_2009_1_中国小児推拿特定穴に関する考察 ー経穴と異なるもう一つ腧穴系統ー

中国小児推拿特定穴に関する考察
ー経穴と異なるもう一つ腧穴系統ー
李 強、于思

第17回日本鍼灸史学会学術大会、2009年10月28‐29日、京都

【目的】中国小児推拿療法とは、小児の身体上の経絡や腧穴または罹患部位において特定の手技を行い、これらの物理的な刺激によって小児生体の調整機能を活性化し、身体の抗病能力を高め、防病治病の目的を果たせる、1種の治療法である。上海中医薬大学付属病院推拿科の臨床において、毎日外来で受診された約1/5の患者は子供であるということから、この療法の重要性と実用性が注目される。一方、小児推拿の臨床に使われる腧穴は、十四経穴と経外奇穴に加えて、「小児推拿特定穴」と呼ばれるものであり、これらの特定穴は小児推拿とある程度似ている小児鍼や鍼灸に用いられる経穴と異なった、小児推拿の独有なものと思われる。今回、小児推拿特定穴の基本コンセプトについて考察し、私見を加えて報告する。
【方法】今回の考察は、古典と現代小児推拿文献に記された小児推拿特定穴を対象にした。
【結果】1.穴数と分布 『小児推拿』に記載された157個の特定穴を部位別にしてみると、頭面部は31個、頸項部は3個、手部は70個、上腕部は10個、胸腹部は13個、脊柱部は11個、下肢部は19個、のようにそれぞれ全身の各部位に分布し、成人の経穴との違いが分かる。手技を操作する便利さをはかるためか、また生理反応のメカニズム上の理由により、多くの特定穴は頭面と四肢、特に手のような露出しているまたは露出しやすい部位に分布すると推測できる。2.形状 特定穴の形状としては、十四経穴と経外奇穴と同じような点状(acu-point)だけでなく、線状、面状のかたちも持っている。3.命名 特定穴の命名は、十四経穴と同じように一定の根拠がある。
【考察】示した結果のように、小児推拿特定穴の分布は成人腧穴とは別の系統のようである。これは小児の生理や病理上の特徴または神経生理の構造や働き、小児発達発育の段階などによるものである。中医学は、小児推拿の治効メカニズムが経絡にあると認識している。経絡そのものは本質的に結論に至らないが、神経系統と密接な関係を持っているのは間違いない。神経生理学では、小児の脳の発達や神経系統の形成は3歳くらいに完成すると考えられる。神経系統を基礎とする経絡の形成は3歳あるいはそれ以後の時期と考えるべきである。ゆえに、3歳以下の小児は成人と比べ未完成の経絡系統を持っていると思う。尚、小児推拿特定穴の帰経と属性に関しては、明清時代に刊行された30数種の小児推拿専門書は、特定穴を如何に帰経するか、またはその属性を如何に決めるかについて議論していたが、現代の医科学研究による成果は乏しく、未踏の領域である。
キーワード    小児推拿特定穴 腧穴 経穴 経絡