学会発表_2000_1_がん患者における舌診の臨床意義 ―中医学臨床文献考察を主として―

がん患者における舌診の臨床意義
―中医学臨床文献考察を主として―
李 強、 鄭 賢国、施 毅、松浦義昌、清水教永

2000.10.21-22,第18回日本東方医学会,東京科学技術館

目的
舌診は、長い歴史を持っている中医学診断法である。舌を見て病気を判断することは、『黄帝内経』や『傷寒論』などの古典医書にすでに記載されている。舌診の一般的な臨床意義は、次の4点にある。①正氣の盛衰を判断する、②病氣の部位の深浅を判断する、③病邪の性質を区別する、④病状の進退を判断する。
一方、中医学によるがん治療の臨床弁証においては、みな舌象を重要な診察のバロメーターとしている。中医学による長年の臨床実践や基礎的な研究によって、多くの臨床意義を持つ舌診の文献は発表されている。本研究の目的は、これらの文献を厳選し解析を加えて、がん治療に普遍的な指導意義をもつものとしてまとめようとするものである。
方法
今回は、近年中国で発表されたがん患者における舌診の臨床報告や基礎的研究の文献をEBM(Evidence-based Medicine)の観点より検討し、文献の信頼性評価(批判的吟味)を加え、2次文献という形で文献のアウトカムをがん患者に適用することの妥当性を評価し、システマティック・レビューを行った。
結果と考察
1.舌質変化とがんの分期について
淡紅舌のがん患者は病変軽く浅い、早期、予後良好を示す。紅絳舌のがん患者は、中期>末期>早期の順に多くなる傾向が見られ、淡白舌のがん患者のほうが末期癌や悪液質が多い。また、青紫舌のがん患者はかなりの割合で末期癌を検出された。
2.舌質変化と弁証論治について
淡白舌のがん患者には清熱解毒の薬を投与すると、消化道副作用が起こしやすいが、青紫舌のがん患者には解毒の虫類薬を投与すると、お血症状が変えて酷くなるようである。
3.舌質変化と手術の予後について
術後舌質の色が浅くなる場合、手術成功・予後良好を示すが、術後舌質の色は深くなる場合は、回復が難しく・合併症を起こしやすい。
4.舌質変化と放射線治療について
淡白舌・淡紅舌の癌患者は、比較的に放射線治療の「熱毒」に忍耐できる。紅絳舌の患者は、放射線治療の「熱毒」に忍耐性がなく、副作用が現れやすいようである。その対策としては、照射は小量から始まり、清熱解毒・養陰生津の漢方薬を配合するといわれる。
5.舌質変化と抗ガン剤治療について
抗ガン剤の治療は淡白舌に奏効しにくい。その原因は①抗ガン剤の副作用に極めて敏感②消化道反応・白血球降下・血小板降下などが現れやすい③治療が続けにくい。対策としては、抗ガン剤を投与する前に、まず補氣養血・健脾益腎の漢方薬を服用させることが望ましい。
結論
癌患者における舌診の参考意義は、①癌の種類を弁別する②癌の病態を分類する、特殊意義は①癌の早期発見②癌の予後を推測する③投薬を指導する、ことにあると考えられる。しかし、癌における舌診の限局性があって、西洋医学の精密検査手段を先行的に使用すべきと思う。
Key Words: 舌診、がん、中医診断学、がんの漢方薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です