出版物_3_中国小児推拿療法_李 強・清水 教永 著

中国小児推拿療法
李 強・清水 教永 著

代 序
余惟うに、小児、七情六欲の感無く、唯風寒・水湿・傷食の証あり、且つ初生(生れたて)は臓腑脆薄にして、薬餌に経えず、稍年長して又薬を畏れ投ずるに難し。唯此れ推拿、一着(ひと手)面部・手掌・股足・皮肉の間に効を取る。
もし其の病証を察す能うれば、其の穴道を循り、手法を以って施し、汗、吐、下三法尤も能く秘訣を得る。大なる(年長児)は又稍かに薬餌を兼ぬれば、いまだ試みに随いて効なきは有らざるなり。
明・佚名氏が著した『小児推拿秘訣・自序』より抜粋)

目次
上篇
一、小児推拿療法とは
二、小児推拿療法のメリット
三、主治範囲
四、小児推拿療法の歴史
五、小児推拿に関する現代医科学的研究
六、中医学による小児の特徴  (一)生理的な特徴  (二)病理的な特徴
七、中医学的診察法 (一)望診 (二)聞診 (三)問診 (四)切診
八、弁証 (一)八綱弁証 (二)臓腑弁証

中 篇
一、小児推拿手技
(一)単式手技
1.按法(あんぽう) 2.摩法(まほう)  3.とう法(とうほう) 4.揉法(じゅうほう)  5.推法(すいほう) 6.運法(うんほう)  7.搓法(さほう)  8.揺法(ようほう)

(二)複式手技
1.黄蜂入洞(おうほうにゅうどう) 2.猿猴摘果(えんこうてっか)   3.運土入水(うんとにゅうすい)    4.水底撈明月(すいていろうめいげつ)

(三)手技の使用事項
1.基本要求  2.推拿媒質  3.操作手順  4.操作回数  5.手技補瀉

二、小児推拿特定穴
(一)小児推拿特定穴の特徴
(二)特定穴
1.頭面頸項部の特定穴  2.胸腹部の特定穴   3.脊柱部の特定穴     4.上肢部の特定穴   5.下肢部の特定穴

下 篇
1.麻疹  2.おたふくかぜ   3.百日咳   4.赤痢と疫痢  5.かぜ症候群    6.咳嗽  7.気管支喘息  8.気管支炎   9.発熱 10.下痢  11.嘔吐
12.便秘  13.脱肛    14.流涎  15.上皮真珠  16.口腔カンジタ症      17.反復性腹痛   18.黄疸  19.浮腫  20.夜尿症   21.夜泣き
22.先天性筋性斜頸  23.肘内障  24.はなぢ  25.歯痛 26.夏季熱   27.分娩による腕神経叢麻痺

附 篇

母でも出来る子供の病気・虚弱体質を治る小児推拿法
1.かぜ症候群  2.胃腸炎  3.気管支喘息  4.夜尿症     5.チック  6.夜泣き    7.学習困難    8.近視
9.虚弱体質・胃腸虚弱が中心となるもの
10.虚弱体質・易感染性が中心となるもの
11.虚弱体質・全身倦怠感が中心となるもの
12.虚弱体質・神経過敏が中心となるもの

参考文献

著者略歴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です