推拿麻酔

推拿麻酔(すいなますい)

1960 年代の初・中期以来、「中西医結合」の指導思想に基づき、中国政府の「扶助中医」・「発展中医」の画期的な中医政策によって、多くの流派・経験を推拿に活かし、その手法と適応疾患の種類をかなり豊富にすることができた。民間では、推拿指圧法による無麻酔抜歯の経験をまとめられ、ハリに「移植」されたことによって、やがてハリ麻酔は誕生された。また、ハリ麻酔が盛んになったおかげで、推拿も鎮痛抜歯より手術に用いられるではないかという発想から、推拿麻酔が生み出され、甲状腺切除、帝王切開、胃の切除、妊娠中絶等十数種類の手術にこれが応用された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です