一般社団法人日本中医推拿研究会会則

会則
一般社団法人日本中医推拿研究会

第Ⅰ章 名称
第1条
本会は一般社団法人日本中医推拿研究会(Japan Society of Chinese Tuina Medicine)と称する。
第Ⅱ章 目的及び事業
第2条
本会は、中国伝統医学、推拿療法の教育活動を図り、日本における推拿療法の普及促進及び日本中国両国間の学術交流の向上を目的とする。
第3条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 東洋医学・手技療法関係者等に対する中国伝統医学、推拿療法の講習会、講演会の主催
(2) 中国伝統医学、推拿療法の研修、技術習得に関する相談及び助言
(3) 中国伝統医学、推拿療法に関する情報の提供
(4) 中国伝統医学、推拿療法に関する情報交換及び交流の促進
(5) 中国伝統医学、推拿療法に関する出版物の編集・発行
(6) 医学及び関連分野の中国語・日本語の翻訳・通訳の提供
(7) 日本中国両国間の医薬文化・食文化に関する学術交流の促進
(8) その他、当法人の目的を達成するために必要な事業
第4条
本会の事務局は大阪市中央区心斎橋筋1―4-28大宝ビルに置く。
第Ⅲ章 会員
第5条
本会の入会金と年会費は次の通りとする。
1)入会金(初年度のみ):2,000円
2)年会費:6,000円
第6条
本会に入会せんとするものは入会申込書を附して本会事務局に申し出、且つその年度の会費を納入しなければならない。
第7条
会員は、いつでも退会することができる。ただし、1か月以上前に当会事務局に対して予告をするものとし、未納の会費はこれを完納する義務がある。
第8条
会費は、該当年度に対し前納することを原則とする。
第9条
会費は年額1回納入を原則とする。
第10条
本会の名誉を毀損したとき、本会の目的に反する行為をしたとき。会員としての義務に違反したとき、理事会に諮り総会の決議により会長が除名することがある。
第11条
本会の会員は定められた会費を納めることによって、次の権利を持つことができます。
a.本会会員サイドにログインする。会員専用掲示板に発言することができる。
b.本会の事業活動に参加する。
c. 本会学術的集会に出席して業績・実技を発表又は演示することが出来る。会員は別に定める一定の条件を満たせば幹事、支部長に立候補できる。
第Ⅳ章 役員
第12条
本会に次の役員をおく。
1.会長
1名
2.幹事
若干名
3.支部長
若干名
第Ⅶ章 会計
第13条
本会の事業年度は4月1日より3月31日までとする。
第14条
本会の経費は年会費をもってあてる。毎年度の収支決算は、会員総会に報告するものとする。
附則
本会則は平成29年6月25日からこれを実施する。
改正履歴
(なし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です