講座 2_東洋医学陰陽説

陰陽学説(いんようがくせつ)
陰陽は事物を概括する二種の属性である。それは古代人が長期間に及ぶ生活実践の中から、自然界の事物の変化は皆陰陽の対立と統一の両面を備えているということを、知ったということである。この二面の内在の関連、相互作用、不断の運動が、事物の成長や変化や消亡の根源である。

『素問・陰陽応象大論』では「陽明者、天地之道也。万物之綱紀、変化之父母、生殺之本始、神明之府也」(陰陽なるもの天地の道なり。万物の規律、変化の父母、生殺の本始、神明の府なり)という。これは一切の事物の発生や発展を、陰陽の変化で解説し認識している。

『素問・生気通天論』:「陰平陽秘、精神乃治、陰陽離決、精気乃絶」(陰陽のバランスが整うと精神が治まり、陰陽のバランスが狂うと精気が絶える。)

このように自然な陰陽学説は、人体の病理現象の認識や分析や概括にも応用され、これによって病状を弁明し治療の原則を決定した。『素問・陰陽離合論』:「陰陽は、これを数えて十になるべく、これを推して百なるべく、これを数えて千なるべく、これを推して万なるべく、万の大なる、あげて数えるべからず、然れどもその要は一なり」

陰陽学説では、世界は物質性の一つ全体であり、世界そのものは陰陽という二気が対立して統一された結果であると考えられる。宇宙のあらゆる事物は陰と陽という相互に対立する二つの側面を含む。

「陰陽」学説は中国古代の思惟構造である。ちなみに西洋の思惟構造は「因果論」によるものである。
東洋の思惟構造:構造、macroを重視する、機能属性
西洋的思惟構造:元素、microを重視する、実質属性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です